一昔前以前は,寝ていても足がつりました。
運動不足と不規則な生活のせいだと思います。
Bethが来て,歩くようになって,つる事は無くなってました。
山に登るようになって,もっと楽に登りたいと思うようになり,自分で考えたトレーニングを地味に行ってきました。
ところが,時折足がつります。
長年の運動不足が祟って霜降り筋肉になってしまってるせいもあるのでしょうけど。
トレーニングは続けるとして,摂取する栄養の問題もあるのでは。
アルコール?は見ない事にして・・・必須の潤滑剤なので。
滑り過ぎない程度に・・・ね。
脚がつる原因の一つには,ビタミンやミネラルの不足もあると「ヤマケイ」に記載されていたのを受けて。
作ってみる事にしました。
何と言っても梅干はナトリウムがたっぷり。
それに,カリウム,マグネシウムも。


「おにぎりって言えばね」
「・・・」
「にぎり寿司はにぎりだけど,おにぎりはおにぎりだよね。味噌おにぎりとかさ」
「ハ?。そりゃそうでしょ」
「だけどさ。にぎり寿司はおにぎり寿司とは言わないし,味噌おにぎりは味噌にぎりとは言わない
何故でしょう?」
「知らないわよ。そんな事」
「でも,おかしいと思わない?にぎりに『お』がつくかつかないかで,全然違う食べ物になる。
おにぎりの『お』はにぎりを丁寧に言った言葉ではないという事だね。
『お』がつくかつかないかで,高級感も値段も全く変わってしまう。
なんか,妙な気がしない」
「朝っぱらから妙な事言わないでよ」


朝4時30分頃から眠い目をコスリコスリ作ったのが
PA157231
です。

材料

ご飯 2合
塩大葉 適量
梅肉 適量
塩大葉でくるんだ一口おにぎり材料


作り方


大葉は塩漬けにしたものを使います。
塩分控えめは平地のみです。
山は一杯汗かきますから,塩分は必須なのです。

塩大葉でくるんだ一口おにぎり調理1


まとめ


一口サイズにした理由。
ウエストバッグ等に4~5個入れ。
歩きながら食べる計画でした。
単純なおにぎりなので実に簡単なのですが,如何せん数が多い。
徐々に面倒になってきて,デカくなってしまいました。
横に立って見ていたtomoさんに。
「これは,お昼用だから・・・そして,一番大きいのはtomoさん用だよ」と言い訳しつつ。
できあがり。

塩大葉でくるんだ一口おにぎり調理2

横にあるのは,岩沼市民のソウルフード:とり肉団子です。
河村肉屋で製作販売しています。
前日はこのとり肉団子を使った親子丼を食べました。


食べきれませんでした。
土曜日の朝作ったおにぎりが,翌日日曜日のお昼ご飯の食卓にも・・・でも美味しいです。