グーグー大王様は,とっても我儘です。
  • 食いだめが効かない。
  • ハラペコちゃんになると,ご機嫌が悪くなり所構わずグーグーと唸りだす。
  • マヨネーズが無いとグーグーとグーイング。

  • 「まったく。しょうがね~な」



朝のお散歩は,ホットモットの反対側の歩道を通ります。
ホットモットって大変。
5時にはお店に来て準備を始めてるのを見かけます。

そのホットモットのお店の入り口に,新しいメニューの広告がチラリ。
どうもキャベツと肉の炒め物らしい。
作ってみるべ~。
早速,参考にするためにホットモットのhomepageを見てみて・・・肉は牛肉か~。
名称は「牛キャベ丼」
グーグー大王様を満足させるためには,ちょっとお高くつきそ~。

なので,火星の食卓では,豚ももスライスを使うことにしました。

実際に作ったのが4月の初旬です
でも,UPするときにはメニュー広告は変わってました。
新しいメニュー広告は,数か月で変わるのですね。
大変ですな。


30年以上も前の話になりますけど。
僕はかき揚げ丼が好きでした。
そして,その当時からのり弁があり,かき揚げ丼と相争う2代廉価版弁当なのでした。

暖房器具は炬燵のみで,湯沸かし器などない冬は,結構お弁当屋さんのお世話になりました。
ダイタイは,この二つのお弁当の繰り返しで,余裕があるときは豆乳(プレーン)がつきます。
しかし,此れを繰り返しつづけると,栄養が足りなくなるようで,立眩みの頻度が高くなり,いろんな食べ物の夢を見るようになります。
しかし,匂いはすれども,食べた記憶がない。
とてもリアルな夢なのですが,実体がないという悲しい結末が目覚めと共にやってくるのでした。
僕はこれを涙の夜明けと言ってました。
そして希望は学食の玉子丼。
食道のおばちゃんが。
「何時も玉子丼だけで大丈夫なの?味噌汁つけでやっからね」
「ありがとうございます」
皆様の善意が,グーグー大王を甘やかしてしまったのかもしれない?

という事でレシピは,ホットモットよりもっと簡単で,安上がりになったと思います。
分量は,およそ二人前と考えてください。
材料
材料_01

漬ダレ
漬ダレ


調理方法
調理


P4149698